セクエモン運営者情報

 

 

■管理運営者情報

運営者 セクエモン運営事務局
連絡先
toint7*gmail.com

お問い合わせはメールにてご連絡ください。

サイトについて
当サイトはアフィリエイトプログラムを利用し、情報を皆様に提供しております。

商品・サービスを管理・運営しているものではございません。
その為、商品に関するお問い合わせは商品販売会社様へ直接お問い合わせ下さいます様、宜しくお願いいたします。
尚、当サイトからリンクしている外部サイトの詳細や内容でのトラブル等は一切責任を負いかねますので、ご了承下さいませ。

童貞を卒業できたのもインターネットのおかげ

もしもこの世にインターネットが普及してなかったら私は一生童貞のままだったかもしれません。高校卒業と同時にスマートフォンを購入する事ができ、今までできなかったネットの世界観を感じる事ができるようになりました。

ただ気がかりだったのは高校を卒業したというのに童貞を卒業できないままであるという事でした。どうにかしてこの童貞を卒業したいと思った私はスマートフォンで出会い系サイトを検索してみたのです。検索で一番トップにヒットした出会い系サイトにクリックし、躊躇する事なく登録を完了させました。
その後もスムーズに女性との交流ができるようになり、ネットでの出会いの可能性に感動しっぱなしでした。その女性は元教師で現在は栄養士という肩書きを持っていて、大人の関係を求める掲示板に書き込みを行っていたのです。女教師に童貞を奪われるかもしれないというワクワク感を維持したまま女性の元へと向かいました。34歳という事でしたがエクボが可愛い少女のような雰囲気を醸し出し女性は立っていました。
挨拶も簡単に終わり、そのままラブホテルへと入っていき私が先にシャワーを勧められました。女性もシャワーを浴び終えてベッドに来ると私の肩から二の腕にかけて指先を滑らせていき、私の性的興奮を沸騰させてくれたのです。強く抱き締めながら口付けよりも先に胸ばかりを愛撫してしまい、女性からは「キスが先でしょ」と促されてしまったのです。唾液がいっぱいまとわりついた女性の舌が私の舌と絡み合い、ディープキスの重要性を感じさせてくれました。そして挿入よりも感動したのがフェラチオの気持ち良さで、恥ずかしいくらいの声を出してしまい、女性は我慢汁が苦いと何度も言っていました。
童貞でなければこのサイトでこの女性と出会えなかったので本当に感謝しています。